Ken's House一級建築士事務所

トップ > 耐震診断・耐震補強

耐震診断とは

ご自宅の耐震性に心配はありませんか?

旧耐震基準(昭和56年5月以前に着工)で建てられた建物は耐震性が弱く、 地震の際に倒壊する恐れがあります。耐震診断では、建物の 耐震性能が基準値を満たしているかを判断いたします。

もし基準値を満たしていない場合には、安心して住み続けるために、 適切な耐震補強工事をおすすめします。

昭和56年(1981年)6月1日、耐震基準が大きく変わりました。平成7年に発生した大都市直下型の阪神・淡路大震災でも、 旧耐震基準の建物で大きな被害が出ました。

平成28年熊本地震において、旧耐震木造住宅に大きな被害があったと共に、 新耐震基準導入後の昭和56年6月から平成12年5月までに建てられた木造住宅にも一定の被害があったことが確認されました。 この原因として、柱とはり等との接合部の接合方法が不十分であったことなどが指摘されています。 国も昭和56年6月から平成12年5月までに建てられた木造住宅の耐震診断を促しております。





旧耐震基準と新耐震基準







耐震診断・耐震補強設計の流れの図







耐震診断の流れ


1:ご相談(無料)
まず始めに、メール又は、電話等でご連絡下さい。お電話等で建物の場所、木造などの構造・ 家の広さなどを確認させて頂きます。その際にご要望や雨漏れしている等の心配事などがあれば お伺いしたく思います。

2:見積書作成(無料)
相談の結果を反映した見積書を郵送致します。
※お見積り書作成の前に耐震診断補助金ご利用かの確認をさせて頂きます。

3:契約
お客様宅に伺って耐震診断の契約を結びます。

4:お打合せ・ヒアリング
更にくわしく耐震診断についてのお客様宅現状をヒアリングとお打合せを致します。

5:既存図面等・資料のお預かり
既存図面等、確認申請図面や増築時・リフォーム時の図面であるものは 基本的に全て貸して頂きます。

6:現地調査の日程調整
弊社にて既存図面等を基に、現地調査用の図面をCADで作成致します。その後に 耐震診断の現地調査の日程を決めさせて頂きます。

7:現地調査
お客様宅へ伺い、図面と現況とで間取り、開口部の位置・大きさ等が 合っているかを確認します。対象となるのは外廻り、全部屋、1階天井裏、2階天井裏、床下で確認出来る範囲内です。
※目視での調査となり、壁に穴を開けるなどの破壊調査はいたしません。

8:耐震診断の報告
現地調査による図面修正を行い、耐震診断(一般診断)の報告書を作成致します。その後、報告書をもとにご説明させて頂きます。



耐震補強設計・工事の流れ


※耐震診断を弊社に依頼されている場合は電話ご相談・資料のお預かり・準備作業は省きます。

1:ご相談(無料)
まず始めに、メール又は、電話等でご連絡下さい。お電話等で建物の場所、木造などの構造・ 家の広さなどを確認させて頂きます。その際にご要望や雨漏れしている等の心配事などがあれば お伺いしたく思います。

2:見積書作成(無料)
相談の結果を反映した見積書を郵送致します。
※お見積り書作成の前に耐震診断補助金ご利用かの確認をさせて頂きます。

3:契約
お客様宅にて耐震補強設計・工事監理の契約を結びます。

4:お打合せ・ヒアリング
耐震補強工事について、依頼したい会社があるか等をヒアリングと お打合せをさせて頂きます。補強する部屋につきましてご要望がありましたら伺わせて頂きます。

5:既存図面等・資料のお預かり
既存図面等、確認申請図面や増築時・リフォーム時の図面であるものは 基本的に全て貸して頂きます。

6:現地調査の日程調整
弊社にて既存図面等を基に、現地調査用の図面をCADで作成致します。その後に 耐震診断の現地調査の日程を決めさせて頂きます。

7:耐震補強設計・お打合せ
補強予定位置、補強方法や、工事までに準備して頂くことについて打ち合わせを行います。 その後、耐震補強設計(補強後の耐震診断・耐震補強図面の作成)を弊社にて行います。

8:耐震補強工事
工務店等が工事を行い、弊社では工事監理(設計図通りに現場が施工されているかの確認等)を行います。

9:報告書作成・報告
耐震補強工事の図面および報告書(工事写真等)を作成致し、説明致します。

10:減税書類作成
ご希望に応じて減税書類を作成致します。



設計・監理料について

ご相談・お見積までは無料で行います。設計・監理料とは、建築の意匠・構造設計、電気・給排水・空調設備、外構デザイン等をお施主様のご希望に沿って設計する仕事と、 その工事が設計通りに間違いなく施工されているかを確認する仕事に対しての報酬となります。

耐震診断(一般診断)10万円(総額、消費税別)
耐震補強設計・工事監理30万円(総額、消費税別)

※遠隔地にて交通費等が発生する場合には別途、実費精算とさせていただきます

耐震補強写真

ページのトップへ戻る